Posted by かなで On 2016/12/20 第一回文学フリマ京都に参加します はコメントを受け付けていません。

前回のエントリが4年以上前って……

同人活動はゆるゆると継続しておりまして、今年は本名でデザインフェスタに出たりしました。

そして来年1月22日(日)に京都みやこめっせで開催される「第一回文学フリマ京都」に参加します。
ブースは【く-23】で、前回同様に『飴色ワークス』名義での出展となります。

「僕たちの自由死のための戦争」という中編を現在執筆中です。
入稿すませましたらあらためてお知らせをして、ティザーサイトを公開する予定ですしました。

→ http://ame16.net/wfte/

今回はなんと表紙絵と挿絵を描いていただけることになりましたので、
そちらもぜひ楽しみにしていただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by かなで On 2012/09/29 pixivにて はコメントを受け付けていません。

5月の文学フリマで頒布した本に収録した作品のうち、
今の時期にちょうどいい話がありましたので、pixivに公開しておきました。
10月いっぱいくらい公開しておこうと思います。

◇こちら◇ からどうぞ。

C82

Posted by かなで On 2012/08/10 C82 はコメントを受け付けていません。

前日の告知となってしまい申し訳ないです。

コミケ2日目、つまり明日8/11(土)に参加します。
合体サークルだったのですが、だいさんの仕事の都合もあり、僕のサークルのみとなっております。
ブースは 西と13a です、よろしくお願いします。

仕事やその他活動で新刊が用意できずごめんなさい。
配布物は文フリの既刊と、だいさんの『SUGARSPOT』、今作っているゲームに関するペーパーです。
頒布価格は両者とも500円、ペーパーはフリーです。

ペーパーにも書いてあるのですが、ゲームはフリーゲームとして制作する方向に転換しました。
詳しくは今後お知らせしていきますー。

Posted by かなで On 2012/05/05 文学フリマ はコメントを受け付けていません。

明日、5月6日(日)に行われる文学フリマに参加します。
東京流通センター 第二展示場(E・Fホール)で、配置は イ-54 です!
(会場までの案内はこちらを、会場内の地図はこちらをご覧ください)

頒布物は、季節をテーマにした50ページちょっとの短編集になります。
収録する話のタイトルは下記の通り。

  1. 春待ち
  2. 夏暮れ
  3. 秋色月光散歩帳
  4. 冬風邂逅ステーション

価格は500円です。ちょっと割高でごめんなさい。
釣り銭の準備もありますが、できるだけ小銭をご用意くださいませ。
また、開場直後の一万円札や五千円札の使用はご遠慮ください。
全然見当が付かなかったので、冊数は少なめですー。

表紙はこんな感じ。

表紙

 

自分のサークルで参加するのは初めてなので、内心ヒヤヒヤ……
あわあわしたらごめんなさい。

Posted by かなで On 2012/02/21 夏コミ、申し込みました。 はコメントを受け付けていません。

あれ? タイトル、韻を踏んでる――?

というのはさておき!
コミックマーケット82の申し込みは完了しております。
ジャンルは同人ソフト(ノベル)で、魔法少女学会の だい さんとの合体サークルでの申し込みです。

夏コミでの頒布物はPCゲーム「廻る世界、此処に針を刺す」と伝奇小説「千住院村正」の予定です。

あとはコミティア100の申し込みを完了させねば。
文学フリマは当落待ちです。

各作品の個別ページは近日中に作成しますよー!

Posted by かなで On 2012/02/07 ひとまず はコメントを受け付けていません。

ちゃんとサークルページを作ったほうが良いですよね。
ということで、こちらでもよろしくお願いいたします。

ひとまずは今作っているノベルゲームと、伝奇小説および短編集の情報を出していこうかと思います。

サークルの大きな動きとしましては、無事に当選すれば5月のコミティア100と文学フリマに参加します。
そちらで今書いている伝奇小説「千住院村正」の第一幕と、短編集(これは僕が書きためたもの)を頒布予定です。

そのあと夏コミで「廻る世界、此処に針を刺す」というノベルゲームを頒布予定です。
こちらはPCゲームとなります。

どちらも 魔法少女学会 の さくらいだい さんの素敵イラストになります!
先日の冬コミで頒布した冊子にも情報が掲載されています。
とらのあなで委託されているようですので、そちらも是非。
企画段階から、だいさんと設定を練りに練っているので、シナリオと絵の相性は抜群です。

複数の作品を並行して作っているので歩みはゆっくりですが、ゆるりとお付き合いくだされば幸いです。